RSS | ATOM | SEARCH


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
ダイエット食品の考え方
JUGEMテーマ:ダイエット食品

豆乳おからクッキーの話を前にしましたが、ちょっと気になったのでその話ね。


ダイエット食品について、考え方が間違っている人が多いような気がします。
確かにダイエットをサポートしてくれますが、それだけ食べ続ければ確実に痩せるワケではないと言う事をきちんと念頭におきましょうね。これは、どんなダイエット関係の食べ物に関してもそうです。
バナナダイエットなんかもそうですよ。
あくまでもダイエットの補助的なものです。でも、それがわかってない人って意外と多いのよ。
 

豆乳おからクッキー、人気の商品ですよね。
私も好きです。

さて、ではなぜこんなに人気があるのか、
それはやっぱりダイエット食品なのに、気軽に食べることができ、おいしいということ。
でも、まず間違いなくやせられるかというと、それは方法次第ですよね。


確かに1食の摂取カロリーがかなり抑えられますから、それまで明らかに食べ過ぎていた人、間食が多い人にはダイエット効果を発揮します。
だから、例えば朝や昼をこの豆乳おからクッキーに、
もしくはどうしても間食したいなら、スナック菓子などのカロリーの多いものは我慢して、こういったものを代わりに食べるようにすればその分のカロリーは抑えられるよ、という事ですね。

 
これを食べてれば間食してもイイ!ひたすらこれだけ食べ続ければ痩せる!これならいくら食べてもイイ!!などという意味ではないんです。
バナナダイエットも確か、間食OK!ですよね?
だからといって、”バナナダイエット中だから間食したっていいのよ!”なんて思ってるうちは、決してダイエットは成功しません。


さて、じゃあ豆乳おからクッキーの例です。↓
朝食なら良いと思うんですが、いくらなんでも夕食代わりにするには少なすぎるでしょうね。
さすがにこれだけでは、栄養も満腹度も足りません。
でも、つい物足りなくて、結局ほかのものを食べてしまっては台無しです。

お菓子よりは、豆乳おからクッキーの方がいいはず、先ほど私はそう言ったですよね。
でもね、お腹がすいた分を補う為、過度に食べ続けることで体重が増えてしまった、なんて事も十分ありえるんですよ。
ダイエット用豆乳おからクッキーは、食事との置き換えにしなければ、当然ダイエットにも効果が現れないんです。



★ダイエット食品の摂取量は、置き換えた食事のカロリーを超えてはいけない。

上でさんざんクドクド言いました(笑) 当然です、ここを間違えるから太るんです。
というか、そもそもそれを減らす為にダイエット食品を食べるんです。
でも、みんなここを間違うんです(^^;


★オヤツを食べるくらいなら、豆乳おからクッキーにする。

オヤツ食べてないんだから、クッキーはたくさん食べても大丈夫!という意味ではありません。
理由は上と同じ。
間食するくらいなら、バランス良い食事をしっかり取った方が良いですよ。



★朝食のパンの代わりに豆乳おからクッキーにしてみる。

バターやジャムをたっぷり塗ったトーストを食べるより、豆乳やおからを使っているダイエットクッキーの方がずっと良いです。


★食事の量を少しだけ減らして、代わりにクッキーを食べる。

一食まるまるクッキーに置き換えるのは精神的にキツイです。
ストレス貯めてリバウンドしては意味ありませんからね。
大好きな脂っこいおかずを一品減らす、全体的に量を減らす、どちらでも良いんじゃないでしょうか。
この場合は、食事の前にクッキーを食べた方が良いかも??
逆にお腹が足りない分をクッキーで補おうとすると、間違いなく食べ過ぎます


ダイエット食品は薬ではありませんから、食べれば痩せるというものではありません。
今までの食生活の中から置き換えられるところを自分なりに考えて、上手に利用しましょうね。

参考までにダイエット食品いろいろ

 
author:miyu, category:ダイエット, 13:10
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 13:10
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://turezuree.jugem.jp/trackback/10